2018年04月10日
三春滝桜「日本三大桜」
地元三春の滝桜が満開

思えば30数年前には地元民にしか知られて無い滝桜の木は
農地の中にポツンと一本あるだけでした
近隣には小さな桜が咲き乱れ、家族でお花見を一度だけ行った記憶があります
最近は日曜日など高速道路出口で相当時間渋滞するなどで
・・・行くことも少なく遠い存在になって・・・
ネットに書かれた日本三大桜・・・へーいつからそんな有名に
少し早めに仕事を切り上げ数年ぶりの御花見へ

E2FE36ED-13E9-429F-817F-1EA481959377.jpeg

ライトアップされた滝桜は30数年前に見た時と変わらず
滝壺に落下する様そのままの姿
華やかで優美
墨絵の世界を見てるような美しさに感動しました
・・・まだ、今週いっぱい、もう少し楽しめるでしょう・・・

___5.jpg

震災後の三春滝桜

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月04日
裏磐梯山荘物語 「ウユニ塩湖をイメージ」
     
  裏磐梯のアトリエに向かう途中の猪苗代湖、晴れた無風の日なら湖面が綺麗
  ・・・そう、ウユニ塩湖みたいに見えないだろうか・・・
通るたびに寄っては見ても、なかなか無風状態もなく
思うような写真にはならなくて
  ・・・穏やかな波、静かな夕暮れ時・・・

2F6ED2E7-59BB-43D5-BF55-D23F08DA158A.jpeg

無風ではありませんが、湖面で遊ぶカップルの語らいがロマンチックに見えて
( 猪苗代湖面に映る磐梯山 )

44133895-CDAE-4560-849C-CAF0074DAD64.jpeg

夕日を映す湖面、もう少し無風なら鏡面のような写真が撮れるかも
・・・今度は朝日の風景を岸の反対側から撮影してみましょう・・・

20959E60-68CD-412E-A101-71E2F8FC3F55.jpeg

日が落ち始めてもカップルはまだお楽しみのようで、とても幸せに見えます
邪魔しないうちに退散致しましょう

このカップルは何も持っていないはず、一日、一日生きる事が精一杯
そんな夕暮れ時の静かな時間を楽しんでいるカップル
・・・人間のほうがどこかまだ精神的に未熟なのではと感じてしまいます・・・

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月24日
未来へのフライト-供 屮潺礇鵐沺璽廛蹈献Дト」
2月17日成田から今年2度目のフライトはクアラルンプールからヤンゴンへ
乗り継ぎには時間に余裕があるためクアラルンプールで一泊
いつも途中下車でどこか別の国をプチ旅行・・・タイ、ベトナム、シンガポール
今回はマレーシアのクアラルンプール、綺麗な空港から・・・さっそく街中へ移動
空港から中心部までは一面のパームツリー畑、緑と空の青が心地よく
シンガポール同様ゴミひとつ落ちてない綺麗な街

IMG_5430.jpgIMG_5423_1.jpg























クアラルンプールからヤンゴンまでは3時間弱のフライト
マレーシアエアーラインはLCC並みの料金で機内設備やサービスがとても良く快適


人生初の本格的な海外プロジェクトの契約
日本では割合簡単に3社での契約を交わすのが一般的ですが、この日はTV局や
新聞社含めマスコミ関係も大勢で・・・緊張気味

IMG_6961.jpg

関係者の挨拶にプロジェクトの概要をプロジェクターで紹介し、その後名前を呼ばれ
・・・日本語と英語二つの契約書にサイン・・・

IMG_6983.jpg

無事契約ほっと安堵し記念撮影(左端が私)

この後関係者で円卓でのティーパーティ
多くの関係者と名刺交換・・・企業の代表はじめ理事長や組合長の面々

重力発電に関する契約を締結・・・ミャンマービジネスパートナー

IMG_6949.jpg

夕方ヤンゴン市の河べりを散歩

交通機関として機能している水上バス、河からの夕日は自然と一体感があり
いま・・・生きている事がうれしく、有り難いと素直に感じた・・・

一枚のイメージスケッチから始まったプランは
様々な関係者の協力でスタートラインに付く事ができました
夜は本格的なお祝いのパーティ
まだまだ長い一日は終わりそうに有りませんが

・・・長い旅路はこれからも一生続きそうです・・・


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年02月10日
未来へのフライト「ミャンマープロジェクト」
年明けまもない1月早々、成田からバンコクそしてミャンマーの首都ネピドーへ
ネピドーの街明かりが綺麗に見えはじめ、着陸体制からあと数分で到着
そんな間際、機体が急加速に急上昇、旋回した機体はそのままバンコクに
しばらくしてアナウンスが、空港停電のため飛行機はバンコクに戻ります
そんな英語のアナウンスが流れる中で乗客からの大きなため息・・・

国際空港で停電なんて・・・普通ありえないと・・・
車輪がおりなかったのかも・・・不安が
過去ヤンゴンでチケット発券間際に停電があり入手できず途中シンガポールで再確認
結局エラーでチケット取れず1日遅れに成る経験もあり・・・まあ良くある事
無事着陸できラッキー、機内では御酒はじめ大盤振る舞いだったし・・・

バンコク到着後の数時間後に臨時便が(何のことはない同じ飛行機)

IMG_6726.jpg

降りてびっくり・・プロペラ機、2時間半のフライトも帰りはジェット機で1時間

ホテルに入ったのは明け方、わずか数時間滞在と朝食で関係者と合流
首都ネピドーは
イメージしてた大都会のイメージは全く無く、成田空港周辺の田舎そのもの
全くの農業地帯・・・わずかに政府関係者の住居や施設だけがあって
大型のショッピングモールもなーんにも無い首都・・・それがネピドー

IMG_6843.jpg

首都ネピドー周辺は大農業地帯・・・牛がすきとりを行うのどかな田園風景

IMG_6746.jpg

仏教国ミャンマーにはどこにでもある寺院(パヤー)
遠めに見るとよく出来ているが、最近できた鉄筋コンクリートの近代的な寺院

IMG_6738.jpgIMG_6739.jpg
















パヤー内部は仏陀の生涯がレリーフで紹介されています

今回は数年前からの計画とあわせた施設整備の計画概要ミーティング
首都ネピドーの国際会議場含む周辺に桜の苗木200本を植樹する桜祭
多くの政府関係者や大臣が参列するなか、ほぼ飛び入り状態での参加

IMG_6788.jpg

第二回桜祭りミャンマー2018(会場は国際会議場)

これから始まる計画はミャンマーの基幹産業を担うであろう大型プロジェクト
来週には基本契約を行うため今年二度目のミャンマー
初回訪緬から7年目に夢の扉が開き始めた未来へのフライトです。

201802101741579704.jpg

2018021017414710255.jpg

これらの施設をいずれは地下埋設で計画し地上を公園や避難施設として
有効活用する方向でプロジェクトを進めています。











 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年01月04日
2018年「カレンダーからイメージ」
2018年明けましておめでとうございます

1年間お付き合いするカレンダー 、封を開けていないユニセフからの書類
活動レポートかなんかと思って開けてみたら小さなカレンダーが一部
・・・見 て 驚 い た・・・
そこには季節に応じた写真に合わせた私自身の名前が
yoshida-sanと書かれたオリジナルカレンダー
そこには20年以上の長きにわたるユニセフへのあたたかいサポートへの感謝を込めて

なんとも粋なはからいです・・・

IMG_6695.jpg

一年の計は元旦にあり・・・・今年もいろいろチャレンジしようと
そんなイメージをふくらませながら、昨年の反省そして今年の予定を考えて・・・

IMG_6709.jpgIMG_6710.jpg











気になる3月の記念日(誕生日)はうれしい連休・・・
ゴールデンウイークはどこにフライトしましょう・・・私のプライベートジェット

ユニセフに寄付するきっかけは、純粋な寄付行為と言うより
事務所を立ち上げ先の見えない未来に対し、
毎月最後の日に引き落としされる額を収める事が出来無かったら事務所を閉鎖しよう
そう思って会社と個人の両方から始めたのがきっかけで
実際はそうならないよう自分自身に対し、頑張るきっかけづくりのためなのです
ここまで活動できたのは多くの人々からの仕事の依頼があっての事
依頼してくれた人々や私に関わった多くの関係者の方々に感謝しています
ありがとうございます
家族・友人知人、仕事仲間、多くのクライアント・・・
日本人、アジア、そして地球人類が幸せになるよう願っております


ユニセフより.pdf (263KB)

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
ヨーロッパドライブ「パリの休日」
パリ・・・絵心がついた中学〜高校生・・・一番の憧れの場所はフランスのパリ
 パリに住むイザベルという女性と英語で文通していた・・・あの頃
せめて1ヶ月でも滞在できたら毎日、毎日スケッチをして
パリ中を彷徨い歩きたい・・・
ヨーロッパドライブ・・・旅のしめくくりは何時もパリ

IMG_6443.jpg


  本当に変わらない昔からのパリの風景・・・
それでも人々の心は世界中の影響を受け変化している
唯一変わらないとすれば、ルーブルのコレクションだろうか・・・・

IMG_6413.jpg

モナリザに似ている女性と思ったら・・・レオナルド、ダ、ヴィンチの作品でした
この絵を見るとモデルは誰か・・・実在にも思えるのですが

IMG_6416.jpgIMG_6415.jpgIMG_6412.jpg

命・・・本当に不思議です、奇跡的な出会いが生命を誕生させます
一年、生きているだけですばらしい事だと思います
不慮の事故や事件・・・自然災害も含め生き難い世の中です・・・
人間の本質は誰もが幸せを望んでいると信じたい
人類はまだまだ途上で未熟なのかもしれない・・・・
命をはぐくんでくれた一度きりのチャンス
ありがとう・・・で一年をしめくくりましょう
このブログをたずねてくださる善男善女の方々にたくさんの幸せが
雨、あられのように降り注ぐ事を祈っております・・・



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年12月20日
ヨーロッパドライブ「ドイツ編」
アマルフィからローマ、ベネチアと車を走らせベローナから列車でミュンヘンへ

0843EBDD-4E27-4E45-9FE0-562C09CEB627.jpegE19ACF36-53D4-407C-A7A8-6DA5F1206AF0.jpeg



 






6A6F2779-DD44-4AD3-9738-B8B2F499353E.jpeg

きっと・・・ローマのコロッセオもベネチアの風景もほとんど昔のままの事でしょう
活気にあふれた当時をイメージしてみると・・・風景の中で過去にタイムスリップ
数千年の面影と現代の技術やデザイン、新しくなくても十分な気がします・・・

2017122216593819211.jpgIMG_6668.jpg













ミュンヘンからシュットガルトまではノイシュバンシュタイン城を見学してのルート
天気も良くアルプスの山並みが綺麗に見えます
ドイツでのドライバーは動作の一つ一つが的確で制限速度を守るため、
一般道も早いペースで流れ、
風景を楽しむゆとりが有りません
先行車に付いていくのがやっとのドイツドライブデビュー

298BC6F2-2068-43A9-97AD-D75C9057463D.jpeg

定番の撮影スポット(谷間にかかった吊橋からの絶景ポイント)

IMG_6274.jpg
IMG_6293.jpgIMG_6258.jpg

シュツッツガルトのメルセデスミュージアム
最上階から螺旋状に歩きながら馬〜自動車の歴史にそった展示

・・・憧れのケルン大聖堂・・・

848F7F46-8C3E-4013-B6F5-A983D134EE74.jpeg

以前、ケルンを通り越して列車でミュンヘンに行った事があります
駅から望むケルンの大聖堂・・・いつか必ず真近に見てみたい・・・
ようやくかなった今回の訪問

BBE67500-D156-48BD-A4B5-3B8D90A4748E.jpeg

ドイツも、第二次世界大戦で街は廃墟に・・・写真からみる人間のおろかさ・・・
世界中には多くの国と人種・・・それでも地球はひとつ・・・
広大な宇宙に比べ限りなく小さい惑星・・・70億人の故郷

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年12月10日
ヨーロッパドライブ「私の三都旅物語」
ヨーロッパドライブツアー イタリア・ドイツ・フランス

C36C062D-BB15-4AD5-8CD7-2FDC6B7A36F9.jpeg

シュットガルトのメルセデスミュージアム・・・一目ぼれの車

イタリア〜ドイツ、ドイツからパリは鉄道を利用
そんな計画でエディハド航空を利用しアブダビ経由でローマに朝到着
空港近くにレンタカー会社がありイタリア車のフイアットを予約していましたが
先方の勧めでマニュアルからオートマ、車は慣れてる方が良いでしょうと
日本車のビッツを勧められるままレンタル
確かに慣れない異国でオートマは正しい選択でしたし
ガソリン代が高い事もあり燃費の良い日本車は大正解でした。

88E018E4-EB0D-4DE2-AD87-322BCD2E6464.jpeg

ローマからナポリへ、一望できる高台をドライブ10月下旬のナポリはとても暖かく快適
海沿いのレストランで休憩、もちろん料理はパスタにピザ・・・
そしてアマルフィー海岸へとドライブ

2DFFFED8-5E9A-47A7-91DE-2CEAE63BBB05.jpeg

断崖絶壁にへばりつく家々が独特な景観を見せるアマルフィー
建築中に落下した職人もいただろーと・・・壮絶な立地の建築
海沿いの細い道は感動の連続、紺碧の海,うねりくねったカーブから見える一瞬の素敵な風景
夕暮れ前,最初のホテルに無事到着、ヨーロッパドライブツアー初日

5C5A3E89-0560-43C9-8C82-51FB58089DCF.jpeg

ホテルのレストラン、テラスからの眺め・・・雄大な景色が望めるホテル「PANORAMA」

482D37C5-D9F5-4CF7-9936-8EE035A171D5.jpeg

テラス席でのディナーはゆっくりとした時間がすぎて
ワインや海産物にチーズ、ハムと一般的なメニューでしたが
夕暮れの風景が印象的で・・・朝日を見るのが楽しみに
ほろ酔い気分で心地良い、私の旅物語

3988D439-71DE-4235-A340-0CF4C583DF9B.jpeg

アマルフィーからフェリーでカプリ島へ・・・綺麗な港町
ここから小船で有名な「青の洞窟」へ向かいます
フェリーには
世界中からの観光客が
客引きに捕まりそのまま船へ、
良い業者のようで後で安心
現地は入場の順番も多少力関係があるようで、すぐに入る事ができラッキー

37287E5D-30E9-4111-A018-903CD51579BD.jpeg

入り口は1mにも満たない高さの洞窟、そのため波が高いと入場できません
この日は少し波があったものの無事入場・・・サンタルチアを歌う船頭が洞窟内を3周回り
わずか5分にも満たない滞在時間に内部は30m程度の小さなスペース

・・・世界中からくる観光客・・・
日本からは2日以上かかり5分の感動体験・・・それでも一生の思い出に残る風景

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年08月16日
上海旅物語「近未来イメージ」

たまたまネットに出ていた格安航空券、お盆をすごすには
近くて気軽、国内より安くすみそう、アゴタでチェック1泊3.000円
ネットでクリック、準備は簡単だ
以前上海万博を見にいったときは到着した当日スリにあい無一文に
ホテルの従業員2人がカンパしてくれた嬉しいお金200元、これで3日間どうすごすか
地下鉄含め交通費がとても安く3元〜6元あればほぼ中心部は歩けます
食事は観光客向けをはずして、地元民が入る裏通りのお店
中華が10元前後〜20元で十分おいしく食べれました
少し贅沢して食べた上海蟹も絶品で
安いマッサージ店が15元くらい,十分堪能できた記憶があります

今回は少し贅沢な中華や上海の夜景を楽しもうと羽田からのフライト

IMG_5724.jpg


上海の綺麗な夜景
ふっと思った疑問・・・この灯りはいつまで続くのだろうか
エネルギー(電気)は原子力、火力、水力、太陽光や風力・・・・
いろいろ有るけれど枯渇する資源も有る・・・
いつか人類は其の時が近づいたら互いに狼となり・・・滅ぼしあうのでは
戦争は永久に無くならないかも知れ無い
ふっと感じた近未来イメージ

FullSizeRender_14.jpg

上海は戦前からの建物も多く植民地の影響もありフランス風の雰囲気
街を魅力的にみせてくれるライトアップされた建物・・・プチパリ
近代的でモダンな建物も多く色々な街の雰囲気が楽しめる上海

FullSizeRender_15.jpg

上海の街が描かれたバーでシャンパンに美味しい料理
それはそれで幸せなゆったりした時間・・・
でも、当時200元で楽しめた地元の数々の中華はいま思い出しても
絶品といえるくらい美味しかった、
10元前後で食べれる料理も観光客向けにその数倍以上するお店も
出来合いをレンジで暖めてる店もあったりなので
お世話になり大切に使った200元は得がたい、豊で幸せな心に残る思い出でした

・・・そんな私の上海旅物語・・・

image_96.jpg

人類は見えない危機に瀕している、それはエネルギー
無尽蔵に造れるエネルギーは簡単な発想の転換から生まれつつある
エネルギー問題が解決すれば

人類はきっと戦争のない共栄共存の社会を作り出す事ができる
近未来に枯渇する資源に変わる,新しい無限といえるエネルギー
・・・其のときは近いです・・・

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年08月06日
裏磐梯山荘物語「湖水のあじさい」

・・・裏磐梯高原の夏・・・

湖水と森からなる裏磐梯は涼風がさわやかで心地よい・・・
清流の水音もまた心地よく・・・
花々も季節ごとに彩鮮やかで目を楽しませて・・・
最高な自然のリラクゼーションスペース
湖水回りに咲く
吸い込まれそうな深みのある紫や青に白、そんなあじさいが見ごろです

IMG_5693.jpg

五色沼の入り口
湖水には色鮮やかな鯉が泳いでいて最近ハート模様のコイを見かけました

IMG_5698.jpg

ハチがたくさん飛んでいて(蜜をとるのに夢中です)

まだまだ暑さが続くと思います、帰りに温泉でリラックスしては・・・
裏磐梯にはたくさんの温泉がありホテルなんかも入浴できる、そんな場所がたくさんあって

8月11日は山の日・・・裏磐梯の雄大な眺めを楽しんでください

FullSizeRender_13.jpg

磐梯山途中のお花畑、桧原湖が一望に・・・頂上まではもう少し

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年04月09日
桜の季節「熊本城を訪ねて」
4月は日本全国で桜が咲き乱れる季節、薄紅色の桜は新緑の緑と相まって
日常の風景を美しく演出してくれます。
ここは九州熊本、ある住宅のプロジェクトで来ています

IMG_5022.jpg
これからの近未来住宅をイメージ、ベースは鉄筋コンクリートによる構造体
職人さんが不足する現在、型枠を規格化しコストを削減
木材の使用量を抑え、地球環境保全に役立てようと考えてます。

image_94.jpgimage_93.jpg















鉄筋コンクリートは耐久性、耐震性に優れ、高気密で省エネ
高耐火性に優れ、万一の火災でも構造体は残るため再生が可能です

打合せしながら次世代の住宅、高性能でシンプル・・・
それでいて多様性ある住まい
RC+木造(204)によるハイブリット工法


2017041012213513464.jpg

インテリアは間仕切含め自由に構成できる可変性を有した空間をイメージ
ハイブリット工法による建物は数世代対応型住宅として
長期間維持される事を前提に計画を進めています
50年〜メンテナンスにより80年、100年をゆうに超え成り立つ建物です
子供たちが経済的負担無く、人生を豊かに歩んで欲しい、そんな願いから
モデル展示場を九州で準備しています。

IMG_5020.jpg

帰りに見た熊本城・・・どこか悠然として凛々しく
男っぽいお城のように感じました
永い時を刻んで家族の歴史に残る・・・そんな住まいをイメージしています。

ハイブリット詳細について
http://yoshida-ad.dreamblog.jp/blog/238.html

我が街・・・郡山の桜も見ごろになってきました・・・
暖かい春の陽射し・・・・万人に照らす明かりは天照の神



 




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年11月20日
ティータイム「ゴッホとゴーギャン」
久しぶりの東京、打合せが終わり以前から気になっていた上野の東京都美術館
ゴッホとゴーギャンの展覧会・・・別れた二人が初めて出会った東京

image_75.jpg

今年,正月にはテロで揺れるパリを旅行、直後だけに治安は最強と思い
ルーブルは人影もまばらで静か、銃を持った兵士ばかりが目に付きます。

FullSizeRender_6.jpg

華やかなシャンゼリゼには出店も多く巴里らしいイルミネーション

image_80.jpg

凱旋門と反対側には臨時の観覧車が設置され

image_81.jpg

テロが日常化し難民が押し寄せるヨーロッパ
年々お洒落なパリジェンヌを見かける事も少なくなり・・・
すさんだ暗い表情の人々がいつにもなく多いと感じられる巴里の夜・・・
街角のカフェには人影も・・・まばら
賑やかなのは中国からの旅行者、思えば30年以上前には同じ光景が・・・
日本の農協含め、団体のツアーが花盛りで、パリを闊歩する日本人
何処を旅行しても日本人のいない旅先はありませんでしたが・・・

IMG_2869_1.jpg

オルセー美術館・はっとする色彩のグラデーションに感動
ゴッホに会いたい
初めて本物のゴッホを見たのは高校の修学旅行での万博博覧会場美術館
あまりに鮮やかな色彩に強烈な印象を持ちました
エネルギッシュで綺麗、心地よい風に揺れる風景は絵画の世界に入り込めそうで
・・・何時までも見飽きる事はありません・・・

image_76.jpg

巴里から1時間くらい・オーヴェール・シュル・オワーズ駅からの眺め

2016112210064138684.jpg

今年初めて晩年に描いた教会を訪ねる事ができました
同じアングルからの小さな教会・・・その先にある有名な麦畑には
当時と変わらない風景の中多くのカラスが飛び回っていて・・・
37歳で亡くなった彼の自画像はどう見ても50代前後にしか感じられなく
教会の先にある麦畑、その一角に小さな墓地、ゴッホの墓は当事のまま
日当たりのよい高台の墓地、当時と同じ風景の中
どんな絵を描いているのでしょうね・・・
きっとそれはあなたがイメージする景色の中で感じられるかもしれません
ビンセント ファン ゴッホ、早くになくなった兄と同じ名前

ビンセントそれは勝利者を意味する最高の名前。

image_77.jpg

今年の暮れ、もう巴里は華やかな事でしょう、シャンゼリゼ通り臨時の観覧車
その贅沢な風景は、巴里の思い出を永遠の記憶にとどめてくれます
遠い過去の記憶、初めての異国からの手紙は遠いフランスの女性イザベル・・・
いつか巴里で逢いましょう

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年11月15日
裏磐梯山荘物語「ボス猿降臨」
裏磐梯、夕方には氷点下になる季節、裏山に住むお猿のボスが挨拶に・・・
最近は慣れたのか逃げることもありません.
小さかった赤ちゃんも少し成長して
枯葉の落ちた山林でそれぞれ体を寄せ合い,寒く長い冬を越すのでしょう.
春先よりふっくらとした毛皮に包まれた猿たち

image_72.jpg

群れをひきいる一番大きなボス猿、いつも堂々として群れを見守っています

image_74.jpg

すぐ目の前のボス・・・今度は握手できたらうれしいのですが・・・
高台の山荘は雪が降ると出入りができません・・・
また来年元気な姿を見せてくださいね。










 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年10月30日
裏磐梯山荘物語「冬の足跡」
裏磐梯の小さな山荘で店舗兼事務所の構想を練る。
自然の中でリラックスしながらのプランニングは街中での作業と違い
集中しやすく不思議とイメージが湧き出てきます。

___80.jpg

IMG_4330_2.jpg

FullSizeRender_4.jpg

FullSizeRender_5.jpg

現在ハイブリット(RC+木造)による店舗兼事務所や住宅を設計しています、
平面の自由度が高く個性豊かなインテリアの演出が可能です。
外観も柔軟に全面ガラスでオープンに出来たりと住宅であっても
店舗のような素敵な外観にする事も良いですね。

IMG_4320.jpg

ひと段落した後の散歩は深呼吸することで体の隅々まで新鮮な酸素で満たされ
五感で感じる・・・様々な感覚 清流のリアルな音 風 落ち葉のささやき
足元の草木や枯れ葉の音や感触・・・生きている事が実感できます。 
ふと見上げれば青い空に深紅の紅葉が鮮やか・・・だいぶ葉も落ちて

IMG_4325_1.jpg

山の頂にはうっすらと雪が・・・厳しく長い東北の冬の訪れ

IMG_4319.jpg

磐梯山と湖沼群が一望できるスポット 中瀬沼展望台からの眺めです
有名な五色沼と違い相当奥まで歩かないと来れない場所はアマチュアカメラマンの聖地

IMG_4310_1.jpg

白鳥が遠いシベリアからやってくると、もう本格的な冬のおと訪れ
美味しいお米がとれる水田は有機栽培による綺麗な土壌・・・
白鳥がたたずむ水田は最高級米の証です
福島の美味しいお米・・・食べてくださいね。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月12日
天空の頂「磐梯山標高1816」
中通りから若松へ、猪苗代湖畔が見えるそのあたりから磐梯山と猪苗代湖が
同時に目にはいります、春、夏、そして秋、冬には一面の雪景色、
四季折々に楽しめる、そんな裏磐梯が大好きです。
いつも目にする磐梯山・・・頂上から見える風景はどんなだろう・・・
頂からは猪苗代の全景がが見えるだろう、湖水からは磐梯山が見えてるのだから
 いつの日か一度は頂上からの眺望を楽しみたい・・・
  もうだいぶ前からの夢
   山荘のアトリエで新しい施設のイメージを想像する
アウトラインが見えてきて構想が決まる、細部をさらに検討する・・・
あとは表現
1日はまだまだながい、ふっとよぎった山の頂き
愛車マセラティで登山口まで、駐車場は満車、そう今日は山の日。

2016082314161920767.jpg

登山口からまだ半分すぎたくらい・・・帰りに撮影した写真、これからの道中をしっていたら
頂上に立つこと無く、あきらめていたかもしれません。
初めてで、もぅ少し・・・もう少し・・・あと100歩・・50歩・・・あの先まで・・・
そんな繰り返しと思うように動かない体、本当に苦しかったですね
それでも途中眺望の良い場所もあって・・・

2016082314170121396.jpg
檜原湖を眼下に眺め初めて湖の全癒を見ることができ
歩く事でしか得られない眺望・・・自身の足で最後まで・・・すてきな景色は神々からの贈り物
2016082314184621471.jpg
お花畑といわれる割合フラットな頂上少し前の景色
花々が咲き乱れ・・・しばし休憩
2016082314260322015.jpg
頂上は岩だらけ・・・それでも一番高い場所からのスナップ
あいにく猪苗代側は、ほんの少し湖面が見えただけで雲の中・・・
もう一度・・・今度は反対側から登って見たい
image_37.jpg
標高1816m
 
ここまでの距離3.5km(登山口より)
手前の駐車場から1.8km、往復で10.6km・・・
消費カロリーはダイエットに最高
雪解けの天然水(大腸菌0)は冷たくておいしい水のごちそうと空気
地球がほんの少しまあーあるく見えた頂上でした。

歩いてしかいけない素敵な風景が続くプチ登山
・・・すべてを忘れリラックス、五感で感じる自分との対話・・・

2016082314154020831.jpg
帰りは優しい上質なタッチで優雅に走るイタリア生まれのクラウン
そんなフェラーリエンジンのマセラティはしなやかで穏やかなフィーリング
ドライブを重ねる毎にポルシェやフェラーリにはない味
とても繊細でナイーブ・・・コーナーを狩る事にハートにシンクロし心地好い.

プランシングホース(いつもお世話になっている好感度NO1のお店)

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年08月04日
裏磐梯山荘物語「お友達の親子猿」
裏磐梯では街の暑さや喧噪に関係なく・・・
高原の涼風がさわやかに吹き抜けていきます・・・
耳を澄ませば、清流の水音が心地よい調べを奏ででくれる、
そんな森の中・・・ここは裏磐梯の小さな山荘
一冬を過ごした猿も春先の出産・・・そして少し成長した子ザルを見守るように
親子の猿がいつも覗きにきたり、屋根の上で遊んだりと
沢山の猿を森の中で見る事ができます。

IMG_1706_1.jpg

親子猿が遊びに来てくれました、だいぶ大きく成長して

豊かな自然の中ですくすく育つ猿も真冬の凍てつく寒さに耐えて
一生懸命生き・・・そしてしっかり子育てをしています
当たり前の事が出来ない人間社会・・・
彼らは群れを成し、協力しあって生きているように思います。


暑い夏、不可思議な想像できないすさんだ社会・・・ほんの一部にしても悲しい現実

森の中に足を踏み入れてみませんか・・・体の中に染み入る新鮮で清浄な空気
そう、ここは自然の酸素に満ち溢れ、体の隅々まで浄化してくれるパワースポット

IMG_3595.jpg

裏磐梯の新鮮な空気と涼風を感じますか・・・森で遊びましょう

IMG_3600_1.jpgIMG_3597_1.jpg





















五色沼では悠々と泳ぐ錦鯉が遊びに来てくれます・・・一緒に泳ぎませんか、そんな声が

IMG_3487.jpg

絶える事の無い新鮮な水・・・命の水 

マイナスイオンが心までもさわやかにしてくれる、裏磐梯の森
そう森の中はいつも人間にとって太古からの故郷です。
今年は暑くなりそうでです・・・ほんの少しでも涼を感じていただければ・・・
うれしいです










 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年11月02日
新居を構える「夫婦それぞれの住まい(1)」

嬉しいことに、とても若い夫婦からの依頼が相当増えています、

そのほとんどのお客さまに共通していえるのは、美意識がすごく高く、

独自の価値観やセンスを有している事です、

私は様々なお客様に触発され・・・

なるほど、このような雰囲気のスペースや様々な工夫

そこから新しい空間やプランとしての多くの可能性を御施主様と共有しています、

今回はその中の須賀川に建設中の建物

住まいのラブストーリーです

計画案には様々な可能性が・・・

平屋や2階建て、将来の二世帯を考慮した敷地利用など

多くの案には敷地が広く理想的な事もあってプランは多様化

そんな中でのイメージスケッチが全体を決定するきっかけに

FullSizeRender_1.jpg

イメージスケッチです・・・
リビング及び食堂の屋根高さを変えることで空間に広がりと開放的な高さを演出
北側屋根勾配からは陽光を暗くなりがちな北側の部屋にも届くように配慮して
部屋の隅々まで明るく心地良く・・・

201511022346312338.jpg

イメージパースです・・・少し落ち着いた雰囲気で考えた案

201511030001282349.jpg

カラーを若々しく・・・
明るいナチュラルな木目とオリーブグリーンの外壁でコーディネイト
できあがりが楽しみな外観になりそうです

P1000038.jpg

上棟に嬉しい御輿の登場で・・・・忘れられない記念日に成る事でしょう
今日は11月2日・・・ひとりとひとりが二人で夫婦の日・・・
勝手に決めて楽しんでいます・・・皆様の幸せな物語が一生つづきますように


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年11月01日
ヤンゴン旅物語「黄金色の街角から」

肌寒い冬の足音が感じられ紅葉の美しい日本からヤンゴンへのフライト
ここヤンゴンはまだ30度を超える夏日、雨が降れば道路は冠水し
慢性的な渋滞に気力体力も奪われ、穏やかな日本とは違いとてもハードです、
そんな街角にそびえる寺院のほとんどは黄金色、異国を強烈に感じさせます
国民のほとんどが仏教徒のここミャンマーでは総選挙が終わったばかり
日本と違い集計に二週間ほどを要するのだとか
穏やかでおおらかな国民性を感じる
この国がどうして軍の独裁政権が続いたのか分かりませんが
                           未来がより良く発展して欲しいと願っています                                       

街角の寺院は夜ライトアップされ壮大で大きく感じるのですが、
日中見れは意外に小さく見えてしまいます
そんな街角の小さな黄金色の寺院
曲面で構成された美しい姿のシルエット
どこか宇宙的で神秘的に感じるのは私だけでしょうか

      image_30.jpg          

ダウンタウンにあるスーレーパゴタ・・・

街中の住宅地にためか朝早くから寺院内はいつもお参りする人々でいっぱい

     デートコースなのか若いカップルも多く

 ・・・想い思い、それぞれの時間が・・・悠々とすぎていく、ただただ幸せな時間

        IMG_1528.jpg  IMG_1529.jpg

              ヤンゴン市内最大規模のシェタゴンパゴタ・・・ 高さ100mもある巨大な搭です
















 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年06月27日
哈爾浜旅物語「露西亜風の街を歩く」

暑い日本から哈爾浜までは新潟空港から2時間半ほどのフライト

空港に降り立つと、澄み切った青空が広がり、街中は満開のライラックがとても綺麗

少し肌寒い哈爾浜、冬は凍てつく寒さの北国の街・・・・

201506271615051656.jpg

メインストリートの中央大街

新緑と咲き誇る花々のほとんどがライラック・・・清楚で綺麗です

201506271615281770.jpg

一気に芽吹いたライラック・・・長い冬が空けた北国の初夏

 

かって満州国と呼ばれ日本とは戦前から縁の深い黒竜江省の街

不幸な時代の過去もいつかはお互いに払拭して・・・仲良くしたいものです

中国と日本が協力しあえばアジアはもっと住みよい街になることでしょう

武力による平和が必要なくなる事を願い・・・そんな北国の街角を歩いて

201506271615151649.jpg 

どこか欧風的な街は東洋のパリでしょうか 

201506271615401656.jpg

 かっては哈爾浜のほぼ中央に位置する「聖ソフィア教会」

現在内部は展示室として過去の哈爾浜の街の様子が紹介されています

大きなドームの屋根は迫力があり、華美なステンドグラスはありませんが

厳かな雰囲気に満ち、シンプルなガラスは寒い北国には合っている気がします

201506271616141740.jpg

、平和のシンボルの鳩が教会の回りを飛び交っています

たしかシンボルの鳩はバチカンでも見た記憶があるような・・・

201506271615581649.jpg

「聖ソフィア教会」はどこか露西亜風の面影を感じませんか

201506271617011763.jpg
地上200mの電波塔の展望台は一部床がスケルトン
強化ガラスで壊れないにしても恐怖感はあります
201506271616331770.jpg
電波塔の展望台から見える景色はどこまでも続く中高層のマンションばかり
道路からは並木道が整備され充実しているように感じてもマンションからは寂しい
東京以上のコンクリートジャングルです
潤いと豊かさがどこでも感じられる日本のみずみずしい風景が私はとても大好きです

・・・哈爾浜旅物語・・・

それでも川向こうには想像を超える大きな公園もあって
とても雰囲気の良い街に感じました
歩行者専用の通りは心地よいのですが、うっかり車道をよこぎるタイミングが悪いと
真ん中で立ち往生する事もあって中国はまだまだ不慣れです・・・

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年03月04日
ミャンマー旅便り「ブッダデイ」
ミャンマーのヤンゴンに来ています、半年前と比べ明らかに開発のスピードが早く
空港始め、至る所で建設工事が行われています
ちょうど日本の高度成長期、オリンピック前夜の雰囲気に近いです。

3月4日は「ブッダデイ」で休日、街中や公園、寺院には人々が溢れ賑わっています

image_28.jpg










































入口で靴を脱ぎ素足でお参りしますが、床は大理石や御影石で焼け付く暑さです、
そう気温は35度を超え日本でも体験出来ない暑さです、背中から汗が滲み出て
それでも木々の大木が涼風を運んでくれます
ガイドが一通りのお参りの方法を教え念じてくれます
自分の生まれた誕生日の曜日が守り本尊になるようで、私は象でした
午前と午後でも別のお釈迦様がいて、それぞれ水で清めます
様々な能力を持ったお釈迦様それぞれをお参りし
最後にビルマでなくなった戦没者の位牌が祀ってあり
どこか見えないご先祖様か何かに導かれているような気持ちでした
思わず歴史の悲しみに触れ涙が溢れました。
戦没者の悲しみもそうですが、いまだに祀っているミャンマーの人々の
温かい気持ちを感じて涙したのです
合  掌  
世界が争う事なく平和で、みじかな人々も理解し決して暴力で解決する事なく

ブッダの理想は究極の天国を現世に現すこと

そんなメッセージを感じたミャンマー旅物語


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
53件中(1件〜20件を表示しています)   前   |