2017年07月15日
ガーデンオフィス「福岡からの招待状」
縁というのは不思議です、一度は行きたいと思っていた九州や四国
東北に住む私にとって魅力的な未知の地域ですが、旅行で行くには遠い場所です
それでも招待状があり昨年から数回ほど行き来している中で見えてきた
本社ビル兼ショウルーム
新しいチャレンジが出来るのはいつも気持ちがリセットされ嬉しいです
概略の基本設計がほぼ見えてきて

2017071512073447849.jpg

1階はインフォメーション及びショールーム
吹き抜けでつながる2階はミーティングルームとオフィス

2017071512080047849.jpg

3階部分には庭に面したカフェコーナーもあり
リラックスしながらアイデアを練るには最高の場所
これからのオフィスは自由な雰囲気でのワーキングが一般化すると思います。

_D8P70272_2.jpg

イメージ(以前設計した事務所ビル)道路反対側が大きな公園なので
ガーデンより森林といった感じで窓辺の緑が心地よい

IMG_3375.jpg

私のワーキングスペース、今年も綺麗なバラが咲きました、バラを愛した大切な人は
はるか遠くに旅立って・・・
そんな思い出のガーデンワーキング、涼しい木陰のマイリラックスカフェ
私の仕事場を兼ねたセカンドリビング

ガーデンセラピー・・・庭が免疫力を高め健康に導いてくれる

どうせなら都会であっても庭(緑)のあるような
ストレスをためない環境で仕事を進め、幸せを感じる環境
住宅以外にも広げていけたらと考えています。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年04月20日
もうすぐ開院「やまぐち整形外科クリニック」

昨年秋口から工事がはじまった
やまぐち整形外科クリニック」は建物が完成し

5月11日の開院に向け様々な準備を行っています。
昨年は「まつもと内科クリニック」さんと「金屋の杜調剤薬局」が完成し
地域医療の中核としてさらに充実した医療が行われる事でしょう

IMG_2124.jpg

看板にはまだロゴはありませんが、金屋の杜をイメージした明るい木々がサインになります
建物全体は以前に完成した外壁や屋根を統一する事でバランスのとれたデザインになり
協力していただいた先生方には感謝です。

IMG_2139.jpg

待合室は吹き抜け上部からの採光が心地よく、どうしてもうつになりがちな気持ちを少しでも
癒せればとの想いで、明るく開放的な空間にしています。

IMG_2147.jpg

中待合回りにはシンボルのツリーが描かれています
ちょうど木陰でリラックスするように・・・明るい木々のサインです

IMG_2149.jpg

診察室は2ヶ所あり、インテリアは住まいの様に計画し、明るい木々の木目を生かして・・・

2015042013565625108.jpg

機材を搬入し準備中のリハビリ室になります、ホーム用と違い魅力的な機器が勢ぞろい・・・

やまぐち整形外科クリニック
は5月9日・10日内覧会を予定しています
整形外科/リハビリテーショ科


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2014年07月19日
桜並木の家「敷地の魔力」
はっと驚く敷地に出会う事があります・・・そのほとんどが誰も気がつかない魅力が有ったりして・・・もちろん特殊な形状だったり条件が合ったりする土地は欠点も相当ありますが
それ以上に魅力的な土地の利用が可能だったりもして
それじゃどんな魅力・・・街中でありながらも自然を感じられるとか
密集した住宅地の中でもどこか息抜きできる心地よい風景を取り込めたり
朝日が心地よく入る環境だとか・・・あるいは夕日が綺麗で安らぐとか
絶対的な人工物では対処出来ない自然の力を感じるとき
、そしてその力を建物の中に取込み生かしたとき
「敷地の持つ魔力」は心の奥深くに生きる感動を想起させるのではと・・・・
そんな桜の大木が敷地内にあり高台からの眺めが心地よい
郊外の住宅地でありながらリゾート環境に囲まれた敷地・・・
一気に創作意欲がわいてきて来春までに完成したなら
桜の咲く一番美しい季節に引き渡ししたいと考えアイデアをスケッチしてみました。

201407251130059191.jpg

敷地に大きな桜の木があり、LDKからデッキや石貼りのテラスにはカフェテーブルを置き
ティタームが似合いそうなスタイルのハウスです
私どもが提案するカフェガーデンのある住まいは

ゆとりや潤いの中で生活を楽しみ家族仲良く過ごせる生活環境デザイン
それが本来の趣旨になります。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2014年07月16日
カフェガーデンコンセプト「AZUL HOUSE」

暑い毎日・・・夕涼みは戸外のマイカフェガーデン、屋外の空間はのんびりゆったり
ビール・・・今日はワインデー 少し酔いながらの読書は心を開放してのリラックスタイム


2014071621065428779.jpg

・・・ライトアップされた木々はとても綺麗、久しぶりのオフは大切なパートナーと一緒に・・・

普段はクライアントからの設計を個々に対応し、それぞれ家族のカラーを尊重し
オリジナルな設計あるいは施工まで担当してますが、職人さんを含むスタッフは
その都度違う納まりや家具デザインのため、施工方法が都度違い
効率の良い作業が出来なくコスト高につく事があります。
コストを抑えるために施工を標準化した企画型のイメージを提案します

カフェガーデンコンセプト

家と付随する庭があって家庭・・・そんな屋外空間も最初からデザインに取り入れ提案

アズールハウスブランド 

2014071715572510866.jpg

普通に予算を抑え心豊かな家を望む人々に企画型住宅の提案です
現在詳細設計中(16坪〜22坪)

IMG_0063.jpgIMG_0012.jpg



















マイカフェガーデンコンセプトはアウトドアリビングを付随させる事で
クオリティオブライフを高め価値ある住宅を企画提案します


2014071717341813716.jpg



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2014年04月23日
金屋プロジェクト「まつもと内科クリニック開院にむけ準備中」

昨年からはじまった工事は「金屋の杜薬局」・「まつもと内科クリニック」が完成
建築検査や消防検査を経て、開院にむけ内部備品の搬入等が始まり
少しづつ準備が整いはじめて私達の設計作業はここまでで・・・
これから建物に命を吹き込む大勢の医療関係者によリ地域医療の核として機能します
ようやく長い設計から施工までの監理が一段落、いまは次の開院に向け進行中

2015年には新しいクリニックが完成していることでしょう。
様々な機会を与えてくれた関係者や施工業者、および職人さんの方々には感謝です
ありがとうございます。

P1050019.jpg

大勢の患者さんで行き交う受付廻りは高さを抑えたカウンターが
開放的な雰囲気と相まって、患者さんと心の距離を近くし痛みのわかる
思いやりのある医療になることを願ってのデザインです。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2014年03月06日
黄金色とスカイブルー「事務所・ショウルーム」ミャンマーから
青空のもと、黄金色の寺院「パヤー」が輝く様はジパングといわれた日本より
ミャンマーのほうがそれらしく、街々や村々のどこにでも有る寺院は
全てが黄金色・・・
日本では金閣寺あるいは岩手の金色堂、千利休の黄金の茶室・・・
ミャンマーでは全てが綺麗に手入れされ日常の生活にとけこんでいる。
そんな国に日本の建築資材やデザインを扱う事務所を設立しようと現在奮闘中
様々なイベントに対応できるスペースや賃貸で展示物および輸入代行を行うなど
開かれた事務所を目指しています

20140306202602580.jpg

円形のホールはパヤーをモチーフに月曜から日曜までの神々をイメージし
屋根全体をパヤーのイメージに重ねあわせる事でシンボル性を強調し
やはり黄金色をベースにまとめたいと考えています

075.jpgP1040587.jpg













様々な寺院はファンタジーの世界・誕生日の曜日が神様になります・・・・
週に一度は自身の神様にお参りして・・・
ご自身の生まれた曜日を知ってますか(今度ミャンマーに行くときは調べてみようと思います
神々が集う黄金の国・ミャンマー

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
白い妖精「雪国から」

北国の冬は寒々しく、足下を冷えさせる・・・そんな中の地鎮祭
白い妖精が舞う中厳かに式は進み最後の御神酒は・・・ほっと暖まる日本酒でした。

 

2014021416515314278.jpg

今日も外は雪
金屋の杜クリニック1階部分が組み上がり
高所作業がともなう2階は来週に持ち越しです。

___62.jpg

待合い室廻りは4mほどの天井高さを効率よく暖房するために
ヒートポンプ式の床暖房システムを採用しています
土間コンクリートの中に埋設した配管に深夜電力を利用した熱で床面に蓄熱し
床を効率よく暖める省資源で環境にやさしいシステム
夏場は同じヒートポンプで冷房を行うことができるすぐれものです。

2014021417093014873.jpg

雪の降る日は事務所でプランニング、リハビリ型ディサービス施設です
最近増えつつあるこのような施設は高齢者が運動をする事で体の機能を維持し自立した生活ができるよう支援したり、人とコミュニケーションをする事でぼけ防止に役だったりと、
施設がサポートする事で日常生活を豊かにしてくれるように思います。

ブームの真相(生活の質を向上させる選択)
                   http://www.mrpartner.co.jp/boom2014/spiritual/01.html

ブームp008-009.pdf (2MB)

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
ミャンマーの建築事情「アジア最後のフロンティアから」
ミャンマー最大の都市ヤンゴン(首都はネピドー)・・・
世界で一番日本車が走っている国なんだそうです(私は日本と思っていました)
だいぶ古い日本車の中を真新しいレクサスが走って・・・日本の2倍の価格・・・
1ヶ月の月給が8.000円〜12.000円で・・・どうしたら購入できるのでしょう
信じられない格差はヤンゴン再開発ビルのマンションや戸建て住宅
価格3.500万〜5.000万で販売
飛ぶように売れているそうです・・・一般人の年収300年分(気が遠くなります)
385.jpg
ヤンゴン再開発地域の高価格(高級)住宅街
325.jpg
人気のあるウオーターフロント
393.jpg
工事中の現場(ほとんどが建売住宅)
工事現場・ほとんどは鉄筋コンクリートの柱に煉瓦を積んでモルタル下地処理をし
塗装もしくはタイル貼り仕上、左官工事に塗装工事の職種でほとんどが対応できるため
高層ビルも同じ方法で施工されています。
(華奢な柱・・・地震が来たら怖いそんな建物でした)
237.jpg

屋根は鉄骨下地に遮熱シート/開口部は木製サッシ
335.jpg

サッシは中国製(すきま風が入るクオリティの低さ)
368.jpg

シンプルなシステムキッチン、IHもガス台も無く自前・・・ 
258.jpg

階段に木製手すりを取り付ける段取り(職人さんはサンダルあるいは裸足)
360.jpg

建設現場が作業場・・・加工組み立て、家具も現地組立・・・
塗装が終わった場所で仕事をしていれば当然壁は汚れ,また塗装の繰り返し・・・
現場の工期は日本にくらべ2倍ほどかかりそう
ほんの少しの工夫で無駄がなく綺麗にできそうに思うのは日本人の繊細な感覚
現地ではこれが普通・・・だから日本品質に人気があつまります。
現在ミャンマーで戸建住宅やマンション、改修などの設計を行いながら
現地スタッフにインテリアや改修の実務を指導中です。
必死に目を輝かせながら勉強する若いスタッフの未来はとても
明るいだろうと思いながら自分の青春時代とオーバーラップ
現地で青春を謳歌しています。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2013年10月03日
繊細な鉄筋にやわらかいコンクリート「不思議発見」
鉄筋コンクリート構造はとても面白い・・・木造では不可能な多様な造形が可能だから
型枠・鉄筋・コンクリート、単純な素材に無限の可能性を秘め・・・
やわらかい素材に魔法をかけて・・・不思議な変化
設計する建物のほとんどはコンクリート打放シに適度なアクセントを施し・・・
そんなシンプルで素朴なデザインはコストも抑えられて
安心・安全・快適で耐久性のある建物が可能になります。
会津若松市内に建設中の3階建ビル
114.jpg

繊細な鉄筋と型枠が組み合って・・・やわらかなコンクリートを流し込んで・・・

109.jpg

理路整然と並ぶ鉄筋・・・綺麗に見えれば良い仕事
300.jpg

建物内部の骨組み・・・・すべて約束に準じ正確に
P1040245.jpg

外装の最終的な仕上・・・内部も同時に進行しもうすぐ完成・・・
11月2日落成式の案内が届いて・・・
何かスピーチするのかしら・・・建築とは関係ない不安と焦り・・・人前は苦手です

毎回悩みながら様々なプロジェクトが進行しています
  
2013102514103513214.jpg
外国人向けの賃貸マンション(ミャンマーはヤンゴンでの仕事です)
まだまだ始まったばかりマンションはじめ異国での格闘の日々・・・
2013102514094913444.jpg

郡山市内計画中マンションのラフスケッチ
お客様と一緒にその場で作成・・・簡易な案から全体構成をイメージします
これからが本番・・・2014年3月竣工予定です

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2013年10月03日
郡山市郊外「ソーラークリニックタウン金屋」
郡山市郊外の金屋地区は大規模ショッピングモール開発が進み
街が大きく変貌しようとしています。
そんなエリアに医療施設開設を同時に進めていて
・・・ソーラークリニックタウン金屋・・・2014年6月には診療開始予定です。
クリニックは多数の専門分野関係者による共同作業になり、
設計者だけでできるものでは無く長い時間がかかります。
そんな全体のイメージが少しづつ見えてきて・・・
これからの作業は内容をもう少し深く掘り下げ密度を増して・・・それは完成まで続く。
オランダ旅行で見た世界最大のクリニックタウン・・・少しだけ近づいて・・・
2013100318532227470.jpg

現在は水田でも来年にはこの近隣は街に変容します・・・

2013100318552427402.jpg

責任の重いプロジェクトですが・・・参加できる事はとても幸せです・・・
毎日が様々なプロジェクトへの挑戦・・・


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2013年09月17日
ミャンマーからの招待状

事務所に掛かってきた突然の電話・・・・ミャンマーです

 はいミャンマー 軍事政権とアウンサンスーチー・・・そんなイメージしかない
少しアブなさそうな雰囲気 それでもどこか必死で・・・
以前掲載したRC住宅の件とかで相談が・・・
はあー今どちらに・・・相手は東京と・・・ 東京にいくらでも設計者はいるでしょーと・・・
その日に事務所を訪れた相手は・・・20年前に日本に留学し独立起業した・・・
いかにもビジネスマンといった雰囲気
たくさんの夢、それは日本を再認識してくれるお話ばかりでした。
日本ではありふれた普通の建築技術・・・それでも世界的にみれば職人芸から成り立つ
相当なレベルがもたらす高品質な建築(ジャパンクオリティ・・・と何度も何度も)・・・
1ヶ月後にはシンガポールからミャンマーの首都ヤンゴンに向かう機上に・・・

___61.jpg
眼下に見えるシンガポール空港を飛び立った飛行機は美しい青空の中・・・
ミャンマーに近づく頃には厚い雲の中(季節は雨期・・・)
145.jpg
さっそくの雨・・・僅かでも道路は冠水(歩道が幾分高くて大丈夫)
最初長靴が必要かとおもいましたが運良く雨は最初の日だけでした
市民のほとんどはサンダル・・・(濡れても平気)
140.jpg
ミャンマーは驚きの連続・・・・
ほとんどすべてのバスのエンジンルームは開けっ放し・・・・
これは・・・熱対策・・・埃対策・・・信じられない光景・・・
406.jpg
交通手段はトラックやより小さな軽トラック・・・乗車定員は何人ですか・・・
後方のタラップに5〜6人がつかまっている車もあって・・・
中国や韓国では見なかったと・・・・
街中には信号が少ないため交差点では4方向から車が入り乱れ
互いにクラクションで牽制しあい微妙な雰囲気で譲り合い・・・
クラクションの音が途絶えることはありませんでした・・・
それでも中国や韓国と違うのは威圧的なクラクションは無く
どこか遠慮がちで優しい事・・・きっと穏やかな国民性ですね・・・
132.jpg
街中の道路1車線が垂直方向の駐車スペース・・・
いつも街中は渋滞しているようです・・・(それでもみなさん運転が上手です)
夜中のフライトで午前にヤンゴンに付いてホテルに荷物をおきそのまま現場に・・・
驚きの旅の始まりです・・・
これからまた日々の雑感などを書いてみます
何とか少し新しいパソコンが使えてきたようです・・・

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2013年02月18日
地鎮祭「神々へのメッセージ」
古来より日本人は身近な自然をいつくしみ、自然の恵みから生活の糧を得
自然と共生し感謝しながら生きてきた民族のように思います。
厳しい自然から身を守るだけでなく・・・現代の住宅はさらにたくさんの要求で満たされ
それでも始りは神々へのご報告・・・・この地に普請をする許しと
家族共々関係者の無事を祈りつつの儀式・・・
page001_24.jpg

清々しい竹で囲んだスペースにかんいな社を設置、結界の中は神々との交流の場
パワースポットの誕生です・・・
神主さんが降臨の儀・・・ヤオヨロズの神々においでいただきます
幾度と無く経験してもいつも初体験のような緊張感・・・・
澄み渡る伸びやかな声、頭蓋骨に共鳴してひびくような発声は天までも共鳴するように・・・
儀式が終わり・・・今日の声はどこまでも澄み渡る明瞭な気持ちの良い響きでした
そんな話をしたら・・・
朝一番は声が出ないのですが何回目かでは全然違うとの事
午後からの遅い地鎮祭はたくさんの神々が集まってくれたようです・・・
2月に上棟予定で進行している小住宅
内部空間を最大限生かした仕事場のある住宅は5月には完成です。

3月16・17日(郡山市安積町地内で内覧会開催決定)・・・

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年07月30日
雪国会津の住宅「外断熱+内断熱」

会津湊町にある住宅の最終模型です。
様々な検討を致しましたが、シンプルな片流れの屋根に落ち着きました。

P1020185.jpg


南側には積極的に雪を落とし北側隣地にある住宅には雪を落とさないよう屋根面積を少なくまた勾配をゆるくするなど対策しています、又車庫は必要で朝雪に覆われると道路に出るだけでも大変な
雪かきが日課となります、南側に通路を確保しさらに住宅にはシャッターをつけて雪に備えます。

P1020215.jpg

雪国の暖房対策も又一苦労でQ値を小さくする必要があります 
コストを抑えて性能を上げなくてはなりませんから
今回は通気胴縁が納まる範囲内でポリスチレンボードを外壁に使用し
内側には高性能断熱材を利用(2重断熱工法)する事で対処しています
こうする事で内側からの熱を逃がさず又外部の冷気を効果的に遮断する事が可能となります。

今年の冬はどんな効果が期待できるか・・・
不安もありますが楽しみです・・・

今日はこれから一足速い休暇・・・ホリディinローマです


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年06月09日
外構事例「楽しい自由な創作」
建物完成時点では最小限の外構工事でした。

P1010382.jpgP1010383.jpg











新たな工事が加わって・・・
建物に付随する外構はとても楽しい作業です、
それは構造の制約無く素材の組み合わせが自由だからです。
事例は建物の外装に合せ黒と白のコントラストを生かした目隠しと、
優しい木肌の軽快なフレームの構成が軽やかに空間を切り取り緊張感を与えています、
部分的に使用した赤は
目がその部分に集中し建物内部のプライバシーを確保するような効果を期待しての案です。

P1010909.jpgP1010910.jpg










P1010854.jpgP1010911.jpg











白はとてもオシャレな色で黒はとてもドレッシー、
両方組み合わせたカラーはとても素敵で新鮮です。
木材は年とともに色あせ風化していきますが、その過程を楽しみ5年後、10年後いつまでも・・・
心は当時の気持ちのまま色あせる事無く若々しくあって欲しいと希望しています
いつも人が幸せな気持ちになれるようそんな空間創造を目指し励んでいます。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年03月29日
震災から一年「日々の雑感」
穏やかな心地よい春めいた季節を迎え山々の残雪が綺麗に映える季節です。
昨年はそんな美しい景色を感じることも無い日々でした。
日本は本当に美しい自然に彩られています・・・

P1010639.jpg

まだまだ余震が続く中今後起きるであろう震災の事を考えると平常心ではいられない複雑です、
被災している知人も多く一年を節目にどうしても新たなブログを掲載したりが出来ないでいました。
それでも仕事はどんどん進み立ち止まるわけには行きません。
昨年からはじまったクリニックが完成に近づき開院まで1ヶ月ほどになってきました。
新しい様々なプロジェクトも進行中で今年は昨年以上に忙しい日々なりそうです。

P1010558.jpgP1010560.jpg











クリニックは安心安全、そして癒される場所としても考慮し実用性や清潔感以外に
彩りも含め優しい穏やかなインテリアを目指し計画しています。

      

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年02月14日
大工の神様

    

里山に新しい家が上棟しました。
    この地方では一般的な和室2間のある住いで綺麗なロケーションを最大限に
    生かした二世帯住宅です。コミュニケーション重視のリビング階段が
    親子から孫までの絆をしっかりと紡いでくれることを期待しながらの設計です。

P1010380.jpg

     厳しい季節の中晴天にめぐまれ無事上棟お施主様以上に設計者も嬉しいものです。

P1010381.jpg

棟梁がこんな話を・・・
大工の神様は女性だそうです・・・小さな箱の中には女性の七つ道具が入っていて
昔棟梁が柱を短く切ってしまいとほうにくれていたとき
その妻が柱を継ぐます組みの方法を考えたそうです
(神社などで見る柱から持ち出している2段・3段の控え)・・・
しかし棟梁はその妻を殺してその事を封印してしまったとか・・・
以前聞いた事あったよーな・・・
それ以来大工さんの神様は女性なんだそーです・・・
女性が神様なら怖い話です思うに女性は観音様にも阿修羅にも見えて・・・


最初に打合せした参考プランを掲載いたします、最終プランはもう少し全体にゆとりを持たせ
練り込んだ実施設計となりました。


プラン(参考).pdf (437KB)

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年01月22日
復旧に向けて出来る事「震災対応建物・修繕・補修・リフォーム」

復旧に向けて私が出来る事をブログで情報発信していきます。
何かしらの協力を致したく、どのように建物を修繕あるいはリフォームと手がければよいか不明で不安な生活をしている人も多いかと思い、そのための相談窓口を設けたいと思います。基本的に相談は無料です又相談に伴う現地確認、調査や簡単な提案などのプレゼンも無償で御協力いたしますので気軽にお電話あるいはメール等してください。


   (有)吉田敏一建築研究所
  代表 吉田敏一
  〒963-8025 郡山市桑野2丁目37−21
  TEL 024−939−0645 FAX 024-939−0755
  Eメール yoshida@yoshida-ad.jp
    
   事務所案内URL
 http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E140.21.18.220N37.24.4.505&ZM=12
 
最近私は生理的にも、精神的にも温(暖)かい快適な空間を考えています、
免疫力を高め自然治癒力が高まる住宅は病気に対抗でき健康に生活できる可能性があると思うのです、 いつも人の気持ガ心地好く・良くなるよう考えデザインしています。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年01月18日
世界最大級のソーラータウン「オランダ・ニューランド」
新年あけましておめでとうございます。
毎日朝日が昇るように一日・一日が希望に満ち、朝日のように誰もが輝いて幸せに生きる事ができる環境を強く望むと同時に、私自身が関与できる仕事において最大限の努力をしていく気持ちでおります。

P1000958_1.jpg

               
新年あけましておめでとうございます
P1000970_2.jpg

オランダから列車で20分ほどのアールスフォールト市「ニューランド」にある住宅地は使用電力の50%を太陽光でまかなっているそうです。
住宅地の建物はすでに20年から30年ほど経過しているようでその中でも最近出来たと思われる住居群に太陽光発電システムが使われています。
建物のほとんどは2階建てのタウンハウスで、それ以外に1部3階建てや5階建てのマンションも少し見られます。建物形状により壁面にソーラーパネルを取付していたり、駐輪場の屋根代わりに使用するなど様々な創意工夫が見られますが、そのほとんどはまだ始まったばかりに思います。
住居のほとんどが集合住宅であることから比較的効果的に導入できたのだろうと思います。

P1010039_1.jpg

ショッピングセンターにもソーラーが(屋根形状を工夫して対応しています)

P1010040_2.jpg
P1010045.jpg
P1010052.jpg
P1010064.jpg

オランダは内陸部まで運河が広がっています(初めて理解しました)。
水辺の風景は時に癒される自宅の庭のような優しい穏やかな雰囲気で自然を生かした運河と家との在りようが素敵に感じました。

P1010058.jpg

原子力発電がいかに効率がよく安価であっても人類の安全を優先するなら未来は太陽光発電などの自然エネルギーにゆだねるターニングポイントに来ているのだと思います。
今回視察した世界最大級の住居地はまだ始まりでこれからの日本を思うともっと大規模で先進的又加速度的に自然エネルギーが実用化されていくように思います。
成田について日本のまばゆい光につつまれた環境を感じれば、オランダやヨーロッパのうすぐらいどんよりした空とは違って まぶしい陽光に恵まれた本当の黄金の国 そう強く感じます。

思うにジパングが黄金の国と比喩されるのは金銀だけでなくそのまばゆい陽光で画家ゴッホが強くあこがれていた日本が明るくまぶしい太陽の国であり、ゴッホ美術館で彼の日本に対する憧れと思いを感じて素敵な国に生まれて好かったと思いますね。

まだまだこれからもっと日本は好くなります。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年12月31日
2012年「好い年でありますように」

1月1日は成田からのフライトでオランダにある最大規模のソーラー団地を視察してくる予定です。
未来をイメージすれば脱原発の流れを止める事はできないでしょう
無尽蔵に提供してくれる太陽の恵みは差別する事なく誰にも与えられる
神様の愛情いっぱいの慈悲にも感じられます

私どもで進行中のプロジェクはそのほとんどがソーラー対応住宅あるいは店舗です、
海外の進んだ事例から近未来福島や日本をイメージできればと・・・
この建物も本年竣工予定で進めている店舗兼住居です。
今年はより良い情報を積極的に発信していく考えでいますから
時々はこのブログを訪問してくださいね。

P1000904.jpg

現在進行中のスタジオ兼住居です・・・新しい顔が8月〜9月完成に向け進行しています。

P1000903_1.jpg


北側の大きな窓からは近隣の緑豊かな風景を借景にして季節ごとの変化を撮影・・・
いつか写真から季節を感じ取れるような・・・たくさんの思い出、幸せな記憶・・・

P1000907.jpg


川沿いの居間、和室、浴室は眺望の良い自然を借景にしたリゾートスペースです。
阿武隈川沿いの風景を取り込み自然光を生かした美しい写真が撮影できるスタジオです。
基本計画からさらに密度を上げ調整し隅々まで完成度を上げる事が実施設計の楽しさです。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年12月30日
今年もありがとう「今年最後の挨拶です」2012年素敵な年にしましょう。

震災と原発で揺れる福島県では私自身複雑な思いがありました。津波により被災した身近な人々の事もあり、
ブログを書く事がなかなか出来ないでいました。
そんな中でも未来を見据え新たなクリニックを2012年5月に開院すべく、勇気あるすばらしい先生と出会い又以前より開院している先生が新たな医療を提供するため増築を進めるなど地域のために積極的にがんばっている先生の仕事を行うにあたり、
たくさんのエネルギーをいただき本当に頭がさがる思いです。
福島は大丈夫です、このようなすばらしい先生がいる限りみんな元気になる事でしょう。
外は雪が降り続く寒い年末ですが私は暖かな幸せな気持ちでいっぱいです、
一年を振り返れば多くの人に助けられました、ありがとうございます。
このブログも見てくださるあなたにもたくさんの幸せが舞い降りるよう願っています。
苦しみもがいている世界の人々が仲良くなる事で武力や憎しみによらない愛情ある社会が出来る事を痛切に望んでいます。

2012年5月開院予定の「すずき・耳・鼻・のど・クリニック」年末に無事上棟いたしました。

P1000893.jpg___18.jpg














写真は待合室です、ゆったりした天井は床暖房をメインに木造でも冬寒さを感じさせない造りです。
2階屋根にはソーラーパネルを設置し緊急時にも対応できるよう配慮しています。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
112件中(1件〜20件を表示しています)   前   |