2012年08月27日
裏磐梯山荘だより「リフォームの感動」
昨年偶然手に入れた築40年ほどの山荘は長いこと放置されたまま・・・
管理不十分なためバルコニーは雪の重みで崩れ又外部の梁は腐れ、
さらに震災で内部は悲惨な状況に・・・
首都圏に住むオーナーは高齢のため利用する事もなく解体処分して町に譲渡を考えていた
そんな折、県内の親戚の方が不動産会社に相談して話が来たのですが・・・
山荘は山の中ほど地上7〜8mほどの高さで岩に突き刺さるよう建設されていました、
良く造ったものだと関心はしても、駐車スペースは一台もなく
水もでるかどうか分からない状況に丁寧にお断りしました。
__1_1.jpg
外部はそのままですが落下防止の小さなバルコニーを設置しました。
その後紹介者の熱心な進めもあり、今度は室内も見てみることに・・・・
さらに悲惨な状況・・・実際お手上げ
それでも購入して見ようと感じたのは・・・・
古ぼけた窓からの眺めは廻りに人家がほとんどなく東側には雄大な山々が見え、
夜の星空が綺麗な事や一面の雪景色そんな朝日は綺麗だろうなと勝手に想像し・・・
渓流のせせらぎも又心地よく・・・
車の音が全くしない静寂の世界(実際はセミの泣き声や虫の音楽隊の生演奏の毎日)
偶然あった管理人さんのお話では、夏場涼しくエアコンは全く不要との事、
暑さに弱い私はテンションアップ・・・水もまた県内の名水だとかで・・・・
くどき文句に弱く・・・震災後の放射線量も低く
そんな思いから古びた山荘をどこまで改修できるかチャレンジしたい誘惑についつい・・・
もちろんあまりお金をかけずにですが・・・
201208271321473453.jpg
玄関ドアを新設して少し可愛い感じに塗装をしてみました。
アクセントに赤を入れラッキーナンバーの「3」をモチーフに

3___1.jpg
床は無垢材を貼り(雑誌は仕事と関係ないPEN2冊)
最近はここで仕事をする事も増えてきました。
TVもなく携帯電話も通じないエリアで集中できます・・・
夜は星空に流れ星が見える事も・・・朝日は鮮烈で透明感ある涼風な空気に目覚めも早く・・・
夜は虫が多く香取線香を・・・20年ぶりかも(現在の家は密閉されているから不要と・・・)
小さな山荘をリフォームして改めて思うのは、家が出来る過程もその事自体も
当人にとってはスペクタクルであり嬉しい事・・・
そんな感動は一度私を原点に立ち返らせてくれました。
いつも素敵な仕事の機会を与えてくださる多くのお施主様や関係者の皆様に感謝しています。
ありがとうございます・・・私は仕事が楽しく幸せをいつも感じています。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年08月25日
大家族三世帯の家「ハイブリット事例」
震災から1年と5ヶ月、最近は地震も少なくなり夏の厳しい猛暑に寝苦しい毎日を過していますが
皆様はいかがでしょうか、エアコンに弱い私は朝方汗びっしょりでシャワーを浴びるのが日課です
福島で生活する日常は地震や原発問題が安全に収束してくれる事を祈るばかりですが
それでも20年〜50年気の遠くなるような時間が必要なようです。
安心して生活できる容器としての住宅がより耐震性や耐火性そして耐久性が求められなおかつ平面の柔軟な可変性があれば将来の変化に対応できる住宅になります。
私はその答えを鉄筋コンクリート+木造とするハイブリット工法が
価格的な問題をクリアしつつ良質な住宅を創るひとつの解答と考えています。

2012082508530923305.jpg

今回の事例は両親と兄弟が住む住宅事例です。
社会に出てアパートやマンションなどの賃料は年収の1/3〜1/4ほどかかります、それに
様々な税金がかかれば教育費や自由に使える費用が本当に少ないのが実情です。
賃料の半分くらいを兄弟が負担し、このような3世帯の集合住宅を計画すれば、
無理なく資金を有効利用する事が可能な事例です。
将来は長男が引き継いだり又次男が新居を構えても賃貸物件として老後不安定な年金を補填する優良な賃貸物件とする事で経済的な負担の無い安心できる生活が可能です。
筋コンクリートで区切られた床は2階の音を遮断しプライバシーに有利などハイブリットにはたくさんのメリットがあります。


20120825081645984.pdf (279KB)

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年08月17日
進行プロジェクト「複合ビルによる魅力的な街の再生」
会津若松地内で計画している建物で商店街に面してはいるものの、七日町のような歴史地区でも無く、どちらかといえば老朽化した建物の多い商店街と大通りに向かう2方道路に面する事から計画は建物の顔を商店街に面した店舗の顔と比較的穏やかな住環境としての南向きを生かした
構成でまとめ平成25年6月竣工予定で進めています。
2012081812270627564.jpg
概略イメージ及び予算に係る規模の設定や全体のバランスを検討している基本設計レベルです
ここまでは無償で対応しています
その後基本的な合意の上で実施設計に入ります、さらに細部の検討(インテリア・電気・設備)
施工性・景観条例や近隣の説明など様々な調整を経て最終設計図が完成、
行政に各種申請を行いやっと工事スタートになります。
工事まではまだまだ数ヶ月はかかりそうです。

2012081813461128915.jpg
過去様々な事案の複合ビルを設計しています。
複合ビルの設計はとても面白い可能性(街の再生や活性化)があります。
魅力有る街やお店には人がつどい〜賑わい・・・
これから日本の人口が急激に減る現状を考慮すれば(昨年郡山市と同規模程度の人口が減りました)、都市部を再生し集約された中で生活する事がエネルギー等やインフラに必要なコストを
削減できると思いますし過度な車社会からの脱却も可能と感じています。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年08月11日
1993年からの依頼「新たな挑戦」
P1020392.jpg   1993年竣工当時のプレートには
 吉田建築研究室と書いてあります。
 新たな建築構想が私の理想とシンクロし
 新たな挑戦がオーナー様の夢と重ねあい
 プロジェクトがスタートします。
 チャレンジしたかった長年の思いが
 実現しそうです
 建物の鍵と土地・・・預かりました。



1993年に竣工したカフェ&ケーキのお店
その後美容室に変化して19年経過した建物はオーナーの愛情ある管理により大切に維持され
震災でも全く損傷する事なく現在に至っておりましたが、今回新たな挑戦として
オーナー様から熱い思いを受け止め
既存店舗を生かした新しいライフスタイルによるマンション併設のプロジェクトを立ち上げます。
既成概念を覆す新しいマンションライフです。
P1020390.jpg

ゴミひとつ無く愛情を持って維持されてきた建物はオーナー様が
価値あるものとして大切に受け止めてくださり、
10数年ぶりに再開し感謝の言葉をいただきました。
こんな嬉しい事はありません・・・その一言で私はまだまだがんばれそうです。
ありがとうございます。
今後この施設を利用しながらの新しい企画を早く皆様にお届けしたい気持ちでいます。
ほとんどのマンションは理不尽な関係で成り立っています
私はそんなマンションを相互依存しあいながら経済的負担の少ない新しい形態を提案いたします。
永い間思い続け温めてきた案は郡山初となる定期借地権を利用したマンション「リュミエール」以降日の目を見そうです。

2012081120112620592.jpg
リュミエール機別世蠅魄嫐するフランス語)
パート


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年08月07日
教会「光の演出」

教会の原型をイメージしてみると・・・
最初はシンプルな十字架だけの数人規模が集う小さなスペース・・・そんな風に思えるのです。
きっとそこには純粋な心のよりどころとして飾らない精神しか存在しなかったのではと・・・・
日本の伊勢神宮もシンプルな構成で当時の米倉(繁栄の象徴)を昇華したデザインですね・・・
建物の規模や雰囲気に影響しない心だけが集うスペース・・・大規模な集いは屋外でのイベント
いつか小さな十字架から大きなシンボルとしての教会に発展して・・・
誰でもが神の圧倒的なパワーや存在感が感じられるそんな大空間に・・・
光の存在が全ての源・・・

P1020363.jpg

ドーム中央から一日中差し込む光は屋内をドラマチックに変容させ・・・
光の操作による心の動きを予測したドラマチックな演出
光が全ての感動のみなもと・・・

規模に関係なく少しでも感動のある建物を創りたい・・・
心のよりどころが感じられるスペースには光の存在が有るようです・・・

 

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2012年08月05日
四半世紀「ときの流れ」
旅行から帰った朝、あまりの強い日差しに・・・もう昼過ぎ・・・いいえ普通に朝の陽光でした。
イタリアも明るい太陽の国ですが、日本はさらに光輝く黄金の国・・・
日本の国旗が太陽をイメージしたなら世界を見据えたシンボル・・・そんな風に感じます。
旅行中は毎日が快晴でものすごい暑さ・・・石タタミの床に遺跡だらけの石造建築・・・
街全体が陽炎ただよう幻の街、25年ぶりにおとづれた記憶とオーバーラップします・・・
すべてが過去のままですべてが変化した街は25年前・・・遺跡以外の壁は漆喰で塗られた左官壁が主流、今は安物の塗装となり、少し明るめの壁は古くても気品ただようシックな雰囲気から
地域によってはアジアを連想させる安物の街に変わったようで・・・すこし残念。
観光客の多さに入場制限された美術館など当日券では入れない施設も多く、
4度目のイタリアでしたがお土産やばかりの雰囲気に古都を感じることはできませんでした。
P1020375.jpgP1020379.jpg


















混雑した通りの上は昔のままの街・・・          アーチ構造が石造の基本(圧縮力だけの構造)
P1020349.jpg
絵になる古いアルファロメオですが・・・
このような赤い色の車はイタリアでは少なくほとんどがグレーかシルバー
イタリア風メージが強い赤いアルファロメオも日本のほうが多いようです(創られたイタリアのイメージ)
P1020325.jpg
P1020322.jpg









あまりに有名なコロッセオです・・・以前はなかった床ができていました。
血塗られた闘技場・・・人間は残酷です(現在もそうかも知れませんが・・・)
断面図があると良くわかりますね・・・
201208101935006940.jpg
25年前反対側からの写真です、雑草が生え荒れ放題でしたが
過去そのままを感じさせてくれる圧倒的な迫力があり感動しました・・・
現在は綺麗になり内部に展示スペースや便所もありますが
なぜか物足りなさを感じてしまいました。
P1020319.jpgP1020320.jpg









オシャレなレストラン、シンプルな白と黒それにアクセントの赤が綺麗です・・・
屋外のテーブル席がまた良かったですが人が多くカメラを向けられませんでした・・・
一人前のピザ、大きすぎて3人で取り分けて・・・カルボナーラも濃厚でおいしいです。
本場のビザ・・・雰囲気が良いのか食が進みます。
P1020312_1.jpgP1020283_1.jpg










写真で見えるベスビオ火山が突然噴火6mの火山灰に埋もれた街ボンペイ
当時は3.000m級の山だそうですが山の稜線をむすんでもそんな高さには感じません・・・
(いつか世界のどこかでおきるであろう災害・・・現実に増えつつある災害に人災である原発事故もあり世界は混沌として・・・解決の糸口が見えてこない世界も日本も・・・単純な助け合いさえできない病気におかされた社会のようです)
P1020343.jpg
賑わいを見せるスペイン広場界隈、手前泉の水はペットボトルに水を入れる多くの人でいっぱい
本当に必要な物はそう多くは無いのかも知れません
普通に寄り添い争う事なく広場でにぎわう平和な社会が必ず近未来には実現する事でしょう
今回はアジアの人やイタリア人その他多くの人と片言の英語でも十分通じ合い
快適な旅行ができました。

最初のホテルではルームブッキングで別のホテルまで夜中歩いたり、朝早くのツアーで朝食をとれないまま前のホテルに朝早く移ったりと・・・トラブル続きでした、それでも
朝早いおかげで丘陵地から松の木越しに朝日に映える美しい風景を目にする事ができ
なにより旅行ができることさえ幸せな時代・・・
25年前はローマで見た夕日が遺跡群を美しく感じさせ
今回は朝日が幸せな未来を感じさせてくれたようです.


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています