2006年12月23日
庭を共用する住まい上棟

今年は例年になく雪が降らず、基礎工事から上棟までスムーズに進みました.平屋の家が南側境界に添って建築してあるため、中間部分の庭は通常とくらべ倍のひろさになります、平屋の採光は片勾配屋根の高い位置に開口部が設けてあり、そこから居間、食堂、寝室に南面からの明りが入るよう設計しています.

o-1.jpgk-1.jpg

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています